世界水準の「ケンブリッジ英語検定」を基軸にした

カリキュラムを導入しています。

リスニングとスピーキングの力(資質)を評価する試験方法が採用される学校が増えています。

既に首都圏の中高大学入試の英語科目では「英語の筆記試験」を実施せず、インタビューや対話形式での面接、グループワークで交わす「英会話」を通して、受験生のリスニングとスピーキングの力(資質)を評価する試験方法が採用される学校が増えています。

 

このことから石川県でも既存生徒様が高校・大学受験をされる頃には、この試験方法は多く取り入れられていると予測されます。

この時代の流れに添うため、当スクールでは対話形式の面接を重視した世界水準の「ケンブリッジ英語検定」を基軸にしたカリキュラムを導入しています。

 

ケンブリッジ英検は、文部科学省が基準としている新しい英語運用能力を測るための指標「CEFRセファール」のモデルとなったイギリスのケンブリッジ大学が実施しているもので、世界150カ国以上で広く浸透している権威あるものです。

 

当スクールでは、ケンブリッジ英語検定YLE SEFR A2レベルを小学生のうちに達成することにより、中学生以降はその他の科目に集中でき、英語を使った活動にも積極的に参加して頂ける実力と自信が付けられると考えています。

レベルに合わせた検定受験の目標

小学6年生の卒業時までにケンブリッジ英語検定 Flyers(SEFR A2レベル)を目指します

ABCこども英会話検定受験目標・ケンブリッジ英語検定・ケンブリッジ英検・英検jr

※設定学年はあくまでも目安となります。入会されるタイミングのスキルでクラス分けとなります。

※当スクールへのご入学は4才になられる前をおすすめしています。